© 一般社団法人グローバル・リーダーシップ・コーチング協会 GLC 2019 

​〒106-0032 東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル507

Leader's

インタビュー

Leader's インタビュー 「継承」

 

グローバルの最前線で活躍し、時代を築き上げてきたリーダーから

これからの社会を引っ張るリーダーや若者へ伝える、力強いメッセージ。

北里光司郎氏

富士通(株)に勤務、北米事業部長、欧州事業部長、常務理事海外営業本部長、英国ICL社常務取締役を歴任。その後、日本BT(株)会長、(株)パワードコムの会長、BTジャパン(株)会長を経て現在、国際キワニス日本地区ガバナー。

ヨコハマコンサルティング(株)代表取締役会長日本ファミリービジネスアドバイザー協会(FBAA) 理事長FFIファミリービジネスアドバイザー 資格認定証保持者元・ジョンソン社日本法人社長(CEO)、会長

昭和44年: J.ウォルター・トンプソンシカゴから株式会社マッキャンエリクソン博報堂営業局へ入社。

平成2年:株式会社マッキャンエリクソン博報堂筆頭副社長就任平成7年:株式会社東急エージェンシー常任理事就任

平成11年:オグルヴィ・アンド・メイザー・アジアパシフィック取締役リージョナルディレクター就任

平成21年: オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社 (現オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社)取締役副会長就任

平成24年:オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社会長就任

平成24年: オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社名誉会長就任(現任)

Leader's インタビュー 「決意」

 

グローバルの最前線で活躍し、時代を築き上げてきたリーダーから

これからの社会を引っ張るリーダーや若者へ伝える、力強いメッセージ。

経歴:1960年に滋賀県生まれ。同志社大学商学部卒業後、村田機械、久米商事、シャトルワース、テサテープ、グラコと転職し、そしてテサテープに出戻りで社長になり、ギビンイメージング社長を経て、現在日本ジョンクレーン代表取締役社長。

 

道のりは1枚のガムから始まった。ガキ大将だった子供時代、そして、様々な経験と挫折、そして、人とチャンスとの出会いに導かれるように、リーダーとして成長してきている。ユーモアと男気溢れるリーダーの成り立ちを探る。

渡邉健太郎氏

経歴:東京都品川区に生まれ。成蹊大学法学部国際政治学科を卒業後、ニチメン(後の双日)で合成樹脂を担当し、合併時には業務部長を務める。その後ヘッドハンティングにより転職。フードアンドビバレッジ事業部長、インスティチューショナル事業部長を経て、現在エコラボ合同会社 (Ecolab G.K.)代表執行役員社長。

 

初めて就職した会社の直属の上司が後にその会社の社長になる。

その「常識」という枠には収まらない上司との出会いが導いた、強いリーダーへの道。

株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 代表取締役(CEO)

(ホームページはコチラ)

東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に外務公務員Ⅰ種職員として入省。12年間奉職し、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を最後に自主退職。現在、株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)の代表取締役(CEO)を務める。

 

「すべての日本人に“情報リテラシー”を!」という想いの下、情報リテラシー教育を多方面に展開。自ら調査・分析レポートを執筆すると共に、国内大手企業等に対するグローバル人財研修事業を全国で展開する。また学生を対象に次世代人材の育成を目的とする「グローバル人財プレップ・スクール」を無償で開講するなど、精力的に全国を飛び回っている。