11月17日(土)

GLC LEADERS'CLUB 2018

読書勉強会&懇親会 

GLC LEADERS'CLUB 読書勉強会&懇親会

11月17日(土)GLC  LEADERS'CLUB 読書勉強会を開催いたします。

以下の課題図書を読んで、当日参加のメンバーで議論していきたいと思います。

構想段階で30億円もの投資を引き出し、創業4年で、スタンフォード大学よりも入学希望者を獲得した「ミネルバ大学」についての書籍と、米国先端政策研究所シニアフェローで、学びについての研究と発信を行っているアーリック・ボーザー氏の集大成とも言える「学び方」を体系化した書籍の2冊を課題図書としました。

皆様日頃から学びを深めていらっしゃると思いますが、GLC各期のメンバーが混ざって議論できる貴重な場でもあります。

奮ってご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

参加人数把握をしたいため、ご参加できる方は、

本ページ最下部にあるフォームにご連絡をいただくか、

​幹事(5期:鬼木・大木)までご連絡ください。

また各期の幹事の方は、各期への参加促進のご連絡等、

​ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

日時

11月17日(土) 

 15:00〜17:30  読書勉強会

 開場14:30

 18:00〜20:00     懇親会

 懇親会は当日実費徴収いたします。

 

会場

テンダーラビングケアサービス 4F セミナールーム

https://www.tenderlove.co.jp/company/office/

懇親会会場は人数調整の上、確定次第ご連絡いたします。

​読書勉強会課題図書
(赤字のリンクもしくは画像をクリックするとAmazonに飛びます)

​●「世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ」

 山本秀樹著 ダイヤモンド社

​昨今話題になっているので、ご存知のかたも多くいらっしゃると思いますが、ミネルバ大学。2014年創立のミネルヴァ大学はキャンパスを持たず、4年間で7都市を移動しながら学ぶという全寮制の大学。講義はすべてオンラインで行われ、ディスカッション中心の授業や、企業などと協働して進めるプロジェクトを通じて課題解決の手法を学ぶという、従来的な価値観からすると大変ユニークなカリキュラムを展開しています。

ミネルバ・プロジェクトがなぜアイデアだけの段階で、西海岸でも最も資金を得ることが難しいとされるベンチャー・キャピタル(ネットオークション最大手のイーベイ、ライディング・シェアのウーバー・テクノロジーズ、オフィス・シェアのウィー・ワークなどに出資)から30億円もの支援を獲得することができたのか、またわずか4年で43万人以上のフェイスブックのフォロワーを獲得し、マサチューセッツ工科大学(MIT)よりも多い受験者数を得ることができたのかなどビジネスの参考になるものもあるかもしれません。

また、ミネルバ大学が実施しているキャリア育成支援制度は、企業人事にも応用しうるものかもしれませんし、ミネルバ大学で行われている思考・コミュニケーションスキルの学習効果の見える化は、企業内のタレント・マネジメントにも応用できるヒントが多く隠されています。経営企画や新規事業開発、マーケティングで現在取り組んでいる課題に対しても新しい視点を見つけるヒントが得られるかもしれません。

​是非、読み込んで、GLCメンバーで意見を交わしましょう。

[記事1]なぜ、キャンパスも「講義」もない大学に、 ハーバードを超える人材が 世界中から殺到するのか?

[記事2]教師が話せる時間は10分だけ? ミネルバ大学が見つけた 「最も効率よく学習できる方法」

 

[記事3]ミネルバ大学創始者創立者ベン・ネルソン氏​

●「Learn Better」アーリック・ボーザー著  英治出版

 データがあふれ、自動運転車まで走るようになったこの時代、私たちは新しい形の専門知識を早くしかも効果的に獲得できなければならない。学習の方法を学ぶことは、“究極のサバイバルツール” 、つまり、現代において最も重要な能力の一つであり、あらゆるスキルの前提となるスキルとも言えます。

 

これからの社会において、自身を高め続けることの重要性はもはや疑う余地はありませんが、本書は「学び」についての実証研究を数多く調査し、発信を続けてきた著者が、深い学びを得るためにどのようなアプローチが必要なのかという、「学び方」について記した1冊

​著者は、米国先端政策研究所シニアフェローで、学びについての研究と発信を行っているアーリック・ボーザー氏、全米トップのシンクタンクにおけるボーザー氏の仕事の集大成とも言えます。今後、社会を引っ張るリーダーが、自分の学びの質をより一層高めていくためにもとても役に立つ1冊。また、部下の育成などにも応用できる一冊。

 
​参加申し込みフォーム